買取時に注意したいエアコンの音量について

車買取の査定では、各パーツのコンディションから見た目まで様々な項目がチェックされますが、その中の重要ポイントのひとつがエアコンです。

一昔前は、エアコンが付いていない車も珍しくありませんでしたが、近年では必須の装備となっている為、この部分が不調であると、車買取の査定で大きなマイナスとなってしまうケースがあります。

冷暖房が効かない状態で査定に出してしまうと、減額となる可能性が高いのはもちろんですが、不調の前兆と考えられる異音であっても査定に影響してしまう場合があるので、音量には注意することが大切です。

エアコンが不調な車を査定に出す際には、修理してから出した場合とそのまま出した場合を比較検討して、どちらが有利になるのかを見極める必要があります。

完全に故障してしまっており、修理に高額な費用が必要となる場合には、そのまま出した方が有利となるケースも十分に考えられますが、音量が大きい程度の不調であれば、簡単な修理やメンテナンスで改善することも少なくありません。

車買取の査定において無用なマイナス材料を残さない為にも、安価で簡単にできる修理やメンテナンスは行っておくことがおすすめです。

About the author